禁酒方法にはドーパミンをコントロールする - 禁酒!健康に良くないアルコールを断ち切る方法!

禁酒方法にはドーパミンをコントロールする

禁酒するには、理論的に言うとアルコール依存症の原因であるドーパミン神経をコントロールする方法を行うことです。

アルコールが体内に入ると、脳内にあるドーパミン神経によって「おいしい」「気持ちいい」「楽しい」といった感情を持つようになります。

最初はたった1杯のアルコールでこのような快楽を感じていたのに、ドーパミン神経が耐性を持つようになり、もっと多くのアルコールを摂取しないと快楽が得られなくなってしまいます。
脳内で起こるこのメカニズムは、次々と悪循環を繰り返し、より多くのアルコールを欲するようになり飲酒量が増えてしまいます。

アルコール血中濃度が高くなると、身体は正常な状態に戻そうと自律神経が働きます。これをホメオスタシス(恒常性)といいます。
アルコール依存症の人は、常に過剰の飲酒により血中アルコール濃度が高い状態が持続しており、この状態を「正常」だと認識してしまっています。
アルコールの分解が促進されると、健常な状態を「異常」判断し、身体に異常が起きるのです。

禁酒を成功させる方法は、この間違った身体のホメオスタシス(恒常性)を正常な認識に戻す方法であると言えます。

ドーパミン神経の感度を正常に戻すには、禁酒できる環境に患者を置き、「禁酒した方が体調が良い」ということを体に認識させる方法が取られます。

とはいえ、普段通りの生活ではアルコール飲料はごく身近に多く存在しています。
禁酒させるには、患者を身近にアルコールのない環境に置くこと、つまり禁酒治療の専門医のいる病院での入院治療という方法が最も良い方法だと言えます。

禁酒環境に1〜3か月もいれば、アルコールがなくても問題なく生活できるようになります。
アルコールのことしか頭になかった人が、趣味や会話を楽しめるように回復します。



| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 禁酒!健康に良くないアルコールを断ち切る方法! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。